咳に隠れた病気を見つけるにはサインを見逃さないことが重要なポイントです

咳が長く続く時には体がかなり弱っています。長く続く咳は体力を削っていくだけでなく、そこに意外な病気が巧妙に隠されていることもあるのです。まずは前知識として、どのような病気に咳の影に隠れている恐れがあるのか把握しておきましょう。咳を症状に持つ病気には、死に至る恐れのある病気もあります。たかが咳と見くびっていると、予想以上に深刻化していたということも数多くあるのです。

長引く咳は病気のシグナル【3週間以上止まらない咳は要注意!】 

マスクの男性

咳が出ると、多くの人は風邪だと自己判断をしてしまうことが多くあります。しかし、咳の症状を持つ病気は風邪だけではありません。咳は様々な病気の初期症状でもあるのです。重病のサインになることもあるので、注意が必要です。多くの人が見逃しやすい病気のサイン、咳について詳しく知りましょう。

咳の役割とは?

体内に入った異物や細菌を排除するために、防御反応で行なわれるのが咳です。ウイルスやほこり、煙など、のどへの刺激で咳が出る場合もあれば、のどや気管に詰まった異物を吐き出すために咳が出ることもあります。

また空気の悪い場所にいる時や、のどの調子が悪い時には、のどを保護する分泌液や痰が多く分泌されます。咳によりウイルスや細菌を絡めた痰を吐き出して、外へと排除することもできるのです。そのため、普段は唾液と一緒に飲み込まれるほどの少ない量しか出ない痰が、風邪などをひいている時には多く出るのです。咳や痰は体を保護するためのものですが、長く続くと体力をひどく消耗します。早めに病院に受診して対処をしましょう。

咳が続く期間や症状によって病気は様々

空咳や痰の出る湿性の咳など、咳には種類があります。また咳の原因によって、その症状や続く期間は異なります。考えられる病気や原因について見ていきましょう。

3週間以上、咳が続く病気

① 呼吸器の病気

咳喘息:慢性的に咳が続く症状。気道が狭くなり、刺激に対して過敏な反応を起こします。
後鼻漏症候群:多量の鼻汁がのどに落ちて、のどの痛み、痰がからまったような違和感や咳が出ます。
副鼻腔気管支症候群:鼻汁がのどに落ち、気管支に入って気管支炎を引き起こします。
肺がん:肺の気管、気管支、肺胞などの一部ががん化し、周辺細胞を破壊しながら転移します。
肺結核:結核菌による感染症です。結核菌が肺で増殖して起こります。
アトピー咳嗽(がいそう):咳が慢性的に続き、乾いた咳が出ます。
COPD:呼吸困難、咳や痰、息切れといった症状が起きます。
間質性肺炎:空気を取り入れる肺胞ではなく、肺を支えている間質と呼ばれる部分を中心に炎症が起きます。
薬剤性咳嗽:心臓病の治療に用いられるACE阻害薬の副作用として生じる刺激による咳です。

②その他

胃食道逆流症(GERD)
喉頭の粘膜が逆流してきた胃酸に触れて炎症を起こし、慢性的に咳が出るようになります。

痰と咳が出る場合の病気

①急性

細菌性肺炎:気道を通って細菌が肺に侵入することにより急性炎症が起きます。
気管支炎:気管支に炎症が起き、咳や痰が出ます。急性の場合はウイルスなどの感染が考えられます。
副鼻腔炎:副鼻腔に細菌感染し、細菌の繁殖によって急性の炎症が起こります。
胸膜炎:肺がんや肺炎の影響で、胸膜が炎症します。呼吸困難や咳、発熱、胸水の症状が起きます。

②慢性

肺結核:結核菌による感染症です。結核菌が肺で増殖して起こります。
COPD:呼吸困難、咳や痰、息切れといった症状が起きます。
肺水腫:血管の外に血液の液体成分が染み出し、肺にたまります。液体により、肺のガス交換が阻害されて呼吸障害が起きます。
肺がん:肺の気管、気管支、肺胞などの一部ががん化し、周辺細胞を破壊しながら転移します。
気管支拡張症:気管支が拡張されて血管が増殖し、浄化能力も低くなります。血痰などの症状があります。

苦しんでいる肺のイラスト

咳の症状は風邪で起こることの多い症状でもあることから、軽
視されがちです。

しかし、3週間から8週間もの間、咳が続くような場合には重篤な病気が隠れていることもあります。咳は肺がんの初期症状でもあるので、早めに病院へ相談しましょう。

止まらない咳はがん?

ウイルス

長く続く咳や痰の症状は、肺がんの恐れも考えられます。肺がんは症状が風邪の症状に似ているため、サインを見逃しやすい病気です。痛みなどの症状で自覚する頃には、がん細胞が広がって浸透する浸潤(しんじゅん)や転移が始まっているケースも多くあります。症状を知れば、肺がんの早期発見に繋げることもできるでしょう。発見が早ければ早いほど、切除する範囲も抗がん剤の副作用の影響も小さくなり、生存率も上がります。

肺がんの初期症状

症状01 症状02 症状03 症状04 症状05

このように、肺がんの症状は、風邪をひいた時の症状とあまり変わりません。そのため、多くの場合は気が付かずに、状態が悪くなってからようやく病院に受診することになります。そして、検査で発覚する頃にはかなり症状が進んでしまうのです。肺がんの初期症状としては、咳がサインになります。肺がんは転移が起きやすいがんなので、咳の症状が続く場合は早めに病院へ行くことが早期発見の鍵になります。構造上、肺は血液が集まりやすい臓器であり、リンパの流れや血管からがんの転移が全身に広がる傾向にあります。早期発見できれば、多くの場所に転移する前に対処ができるのです。脳や骨などに転移が広がれば、取り除く治療が困難になります。またタバコは、がんの発生率を引き上げるため、症状が悪化する前に禁煙するようにしましょう。